ルアーフィッシングを楽しもう

気をつけて挑戦する

使えるルアーの大きさ

ルアーの大きさはたくさんありますが、9センチ以下などと決まっているところが見られるので注意してください。
それ以上のサイズのルアーを持っている人は、禁止されている場所で使わないでください。
竿を何本か、使い分けてルアーフィッシングを楽しんでいる人も見られます。
持ち込むのは何本でも良いですが、使用するのは1本にしてください。

1人でたくさんの竿をセットすると、他の人がルアーフィッシングを楽しむスペースが無くなります。
今使っている竿と別の竿を使おうと思った場合は、必ずしまってから新しい竿を取り出してください。
魚を釣ることだけに集中していれば、そのようなルールを忘れてしまう人が見られます。
意識して確認しましょう。

魚を扱う時の決まり

釣った魚が目当てのもので無かった場合は、リリースしてください。
その時に素手で魚に触ってしまう人が見られますが、そのような行為は控えてください。
人間の体温は、魚に取って熱すぎます。
触るとヤケドしてしまう可能性があるので、ネットを使ってリリースすることを心がけてください。

どうしても素手で魚に触らなければいけない時が訪れたら、自分の手をよく濡らしてください。
すると魚がヤケドする危険性を低下できます。
目的でない魚を無駄に取ることは、自然環境を壊すことに繋がります。
無駄に魚を取らないように気をつけてください。
ルアーフィッシングを楽しむ時は、魚のことも考えて挑戦することが大事です。
するといつまでも楽しく挑戦できます。